社会保険労務士とは

握手する二人

 社会保険労務士には何を相談するのか、それは企業を経営していく上での労務管理や社会保険についてです。社会保険について指導を行ってもらい、企業経営に役立てます。社会保険労務士に相談することで、どんなメリットがあるのでしょうか。 【人材を活用できる】 人事・労務管理というものはとても複雑なものです。そこへ社会保険労務士の指導が入ることで、人事・労務管理の専門スタッフの育成につながり、外部の手を借りずに、労務管理を行うことが行うことができるようになるので、企業のコストカットへと繋がります。 【プロの第三者の目線でアドバイスが受ける】 賃金や、人事制度の見直しを受けることができ労働条件等の改善などのアイデアをもらうこともできます。そういった第三者からの指摘を受けることで、経営の上で無駄なもの、本当に必要な物をわけることができ企業の成長が促されます。 社会保険労務士は顧問契約をすると1回の相談料が安くなったり、月額料金で社会保険労務士を利用することができますのでお得になります。検討してみてはいかがでしょう。

 その、社会保険労務士を利用するにあたって業界の利用平均価格はいくらほどなのか知っておくといいでしょう。 以前は社会保険労務士の報酬は一定の報酬基準が定められていました。その報酬基準を元に利用金額も決まっていたのです。しかし、その基準が一部改正されたため、現在の報酬額は自由化されています。しかし、それでも社会保険労務士の報酬基準は自由化される前の金額を元にされているようです。ここでは、上記しました顧問報酬について書いてみましょう。 規模が4人以下の場合月額22,275円、5〜9人の場合33,412円、10〜19人の場合44,549円、20〜29人66,823円(以下数によって変化します。)、といったようになっています。また、業務量によっても変動しますので、社会保険労務士の顧問と相談し、予算にあった利用をしましょう。